【ゲーム15社比較②】任天堂、ソニー、サイバーエージェント、コナミ、ミクシィなど、ゲーム15社の営業利益(2021年1-3月)比較

研究員

ゲーム各社は、売上が好調なようですが、すべての会社が利益を上げているんですか?

所長

直近3ヶ月の『営業利益』を見てみよう。
各社の「ゲーム事業のみ」の数字で比較してみたよ。

助手

2021年5月に発表された、ゲーム15社の2021年1月から3月迄の3か月間の業績は、以下の通りです。

所長

営業利益の大きい順に、左から右へ並べているよ。
最大の任天堂は、1、195億円
最小のKADOKAWAはマイナスだったようだね。

研究員

営業利益(2021年1-3月)*ゲーム事業
①任天堂      1、195億円
②ソニー        330億円
③サイバーエージェント 232億円
④コナミ        213億円
⑤ミクシィ       130億円
⑥カプコン       122億円
⑦ガンホー       106億円
⑧バンダイナムコ     96億円
⑨スクウェア・エニックス 83億円
⑩コーエーテクモ     49億円
⑪ディー・エヌ・エー   44億円
⑫コロプラ        28億円
⑬グリー         18億円
⑭セガサミー        5億円
⑮KADOKAWA       ▲2億円

所長

営業利益率(%:右軸)を、折れ線で追加してみた。
営業利益の金額が同レベルでも、売上高に対する営業利益の比率には、大きな差があったようだね。

助手

以上、2021年5月に発表された、ゲーム15社の2021年1月から3月迄の3か月間の『営業利益』の比較でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる