セガサミー/2021年3月期決算【5/13発表】

研究員

セガサミーのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

増収増益だね、ゲーム事業は。
決算発表を見てみよう。

研究員

•売上高: 2、777.48億円(前年同期比 ▲888.46億円▲24.2%) 

•営業利益: 65.53億円(同 ▲210.90億円▲76.3%

•営業利益率: 2.4%(▲5.2ポイント

助手

セガサミーのゲーム事業は、「エンタテインメントコンテンツ事業」の中の、「コンシューマ分野」です。同事業はその他に「AM機器分野」、「AM施設分野」、「映像・玩具分野」があり、その他の事業として「遊技機事業」、「リゾート事業」があります。

研究員

その中でゲーム事業は、2021年度3月期の決算(12ヶ月)では、売上高の48.9%、営業利益の479.2% (!?)を占める主要事業です。

所長

ゲーム事業が他の事業や分野の損失をカバーしているため、「営業利益の479.2%を占め」ている形なんだね。

助手

ゲーム事業の3月期の業績(12ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 1、357.00億円(前年同期比 102.00億円増/+8.1%)

•営業利益: 314.00億円(同 167.00億円増/+113.6%)

•営業利益率: 23.1%(+11.4ポイント)

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•フルゲームは、巣ごもり需要の影響等を受け、リピート販売が飛躍的に増加

•F2Pは、新作タイトルが好調に推移、既存タイトルも堅調に推移

所長

コロナ禍で他事業の営業利益が、リゾートは▲41億円、遊技機は▲106億円もの損失だったのを、同じコロナ禍でも巣ごもり需要で好調だったゲーム事業で、うまく補っているね。

助手

以上、2021年5月13日発表のセガサミーの決算報告でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる