コナミ/2021年3月期決算【5/13発表】

研究員

コナミのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

大幅な増収増益で絶好調だね。
決算発表を見てみよう。

研究員

•売上高: 2、726.56億円(前年同期比 98.46億円増/+3.7%) 

•営業利益: 365.50億円(同 55.78億円増/+18.0%)

•営業利益率: 13.4%(+1.6ポイント)

助手

コナミの事業は、ゲーム事業の「デジタルエンタテインメント事業」の他、「アミューズメント事業」、「ゲーミング&システム事業」、「スポーツ事業」に分かれています。

研究員

その中でゲーム事業は、2021年度3月期の決算(12ヶ月)では、売上高の74.9%、営業利益の200.9%(!?)を占める主要事業です。

所長

ゲーム事業が他の事業の損失をカバーしているため、「営業利益の200%を占め」ている形なんだね。

助手

ゲーム事業の業績(12ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 2、041.85億円(前年同期比 507.85億円増/+33.1%)

•営業利益: 734.46億円(同 302.46億円増/+70.0%)

•営業利益率: 36.0%(+7.8ポイント)

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•モバイルゲームはグローバル市場で、「eFootball PES 2021」と「遊戯王 デュエルリンクス」が牽引

•Apple Arcade で配信中の「Frogger in Toy Town」で大型アップデートを実施

•モバイルゲームは国内市場では、「プロ野球スピリッツA」が好調、「実況パワフルプロ野球」も引き続き好評

•家庭用ゲームでは、「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」が順調に推移(5月時点では300万本突破)

所長

アミューズメント事業、ゲーミング&システム事業、スポーツ事業の減収減益を補って余りある『桃太郎電鉄』の大ヒットだったね。

決算発表資料(6ページ)

助手

以上、2021年5月13日発表のコナミの決算報告でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる