コーエーテクモ/2021年6月期決算【7/26発表】

研究員

コーエーテクモのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

絶好調だね。

助手

2021年7月26日に発表されたコーエーテクモ(全社)の6月期の業績(3ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高:  205.20億円(前年同期比91.57億円増/前年同期比+80.6%) 
•営業利益:  97.18億円(同53.31億円増/同+121.5%
•営業利益率:  47.4%(同+8.8ポイント)

助手

コーエーテクモの事業は、ゲーム事業を行う「エンタテインメント」の他、スロット・パチンコ・施設運営を行う「アミューズメント」や「不動産事業」に分かれています。

研究員

ゲーム事業は、2021年度6月期の決算(3ヶ月)では、全社売上高の95.8%、全社営業利益の99.2%を占める主要事業です。

助手

ゲーム事業の6月期の実績(3ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高:  196.48億円(前年同期比89.06億円増/前年同期比+82.9%) 
•営業利益:  96.38億円(同53.23億円増/同+123.4%
•営業利益率:  49.1%(同+8.9ポイント)

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•パッケージゲームは、新作『戦国無双5』、リマスター版『NINJA GAIDEN: マスターコレクション』、リピート販売の『仁王2 Complete Edition』により好調
•オンライン・モバイル は、『三國志 覇道』が堅調
•IP許諾では、日本で『三國志 真戦』がサービス開始

所長

「第一四半期として最高の売上高・利益を達成」だったね。

助手

2021年7月26日発表のコーエーテクモ の決算報告レポートをご高覧いただき、ありがとうございました!

目次
閉じる