ミクシィ/2021年3月期決算【5/7発表】

研究員

ミクシィのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

全社、ゲーム事業ともに、増益だったね。
決算発表を見てみよう。

研究員

•売上高: 1、193.19億円(前年同期比 71.48億円増/ +6.4%) 

•営業利益: 229.28億円(同 57.81億円増/+33.7%

•営業利益率: 19.2%(+3.9ポイント)

助手

ミクシィの事業は、ゲーム事業を行う「デジタルエンターテインメント事業」の他、「スポーツ事業」と「ライフスタイル事業」に分かれています。

研究員

その中でゲーム事業は、2021年度3月期の決算(12ヶ月)では、売上高の84.3%営業利益の195.2%(!?)を占める主要事業です。

所長

営業利益に占めるゲーム事業のシェアが100%を超えているのは、ゲーム事業がスポーツ事業とライフスタイル事業の損失を補っているからなんだね。

助手

ゲーム事業の3月期の実績(12ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 1、005.90億円(前年同期比 ▲14.50億円/▲1.4%)

•営業利益: 447.64億円(同 112.66億円増/+33.6%)

•営業利益率: 44.5%+11.7ポイント

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•『モンスターストライク』は、新たなクエストの追加や有力IPとのコラボ等が功を奏し、好調に推移

•『コトダマン』は、人気IPとのコラボを実施したことで順調に拡大

•『スタースマッシュ』配信開始など、新規開発も進め、収益安定化および収益性向上に取り組んでいる

所長

新作タイトルでは、『ホームラン狙い』で『有名プロデューサーの起用も検討』しているそうだから、楽しみだね。(出典:決算説明資料 31ページ

助手

以上、2021年5月7日発表のミクシィの決算報告でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる