サイバーエージェント/2021年3月期決算【4/28発表】

研究員

サイバーエージェントのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

増収増益で、絶好調だね。
決算発表の数字を見てみよう。

助手

2021年4月28日に発表された、株式会社サイバーエージェント(全社)の2021年3月期の業績(6ヵ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 2、944.97億円(前年同期比 496.44億円増/+20.3%)

•営業利益: 329.32億円(同 127.01億円増/+62.8%

•営業利益率: 11.2%(同 +2.9ポイント)

助手

サイバーエージェントの事業は、ゲーム事業の他、 「広告事業」 やABEMAなどの「メディア事業」などに分かれています。

研究員

その中でゲーム事業は、2021年3月期の決算(6ヵ月)では、売上高の31.9%ながら、営業利益は62.8%を占める、利益の大半を支えている主要事業です。

助手

ゲーム事業の3月期の実績(6ヵ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 939.37億円(前年同期比 138.34億円増/+17.3%)

•営業利益: 243.47億円(同 87.87億円増/+56.5%)

•営業利益率: 25.9%(同 +6.5ポイント)

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•新規タイトル、『ウマ娘 プリティーダービー』と『NieR Re[In]carnation』の初速が好調 

•『ウマ娘』は、2016年からマンガ、Liveイベント、アニメ等を展開してファンを醸成

•『ウマ娘』は、競馬ファンや新たなファンも獲得して、約1.5ヶ月で500万DL突破

所長

『こんなことは上場以来、初めて』と、2021年9月通期の業績予想を大幅に引き上げたそうだね。

助手

以上、2021年4月28日に発表のサイバーエージェントの決算報告でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる