コーエーテクモ/2021年3月期決算【4/26発表】

研究員

コーエーテクモのゲーム事業の業績って、どうなんでしょう?

所長

増収増益で、絶好調だね。
決算発表の数字を見てみよう。

研究員

•売上高: 603.70億円(前年同期比 177.25億円増/+41.6%

•営業利益: 243.97億円(同 102.95億円増/+73.0%

•営業利益率: 40.4%(同 +7.3ポイント)

助手

コーエーテクモの事業は、ゲーム事業を行う「エンタテインメント」の他、スロット・パチンコ・施設運営を行う「アミューズメント」や「不動産事業」に分かれています。

研究員

その中でゲーム事業は、2021年3月期の決算(12ヶ月)では、売上高の94.1%、営業利益の98.3%を占める主要事業です。

助手

ゲーム事業の3月期の実績(12ヶ月)は、以下の通りです。

研究員

•売上高: 568.08億円(前年同期比 177.02億円増/+45.3%)

•営業利益: 239.74億円(同 106.08億円増/+79.4%)

•営業利益率: 42.2%(同 +8.0ポイント)

助手

業績のハイライトは、以下の通りです。

研究員

•パッケージゲーム『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が累計出荷数370万本を超えるヒット

• スマートフォンゲーム『三國志 覇道』は月商10億円を達成

•IPライセンスした『三国志・戦略版』はApp Storeで18ヶ月連続上位5位にランクイン

所長

『ゲーム事業は売上高の94.1%を占める主要事業』ということが、グラフを並べてみると、よく解かるね。

助手

以上、2021年4月26日に発表のコーエーテクモの決算報告でした。
ご高覧いただき、ありがとうございます!

目次
閉じる